オーデリック OA074207 室内用間接照明 建築化照明 白熱灯160W 定番人気,得価 ab-6429ac

ライト・照明

オーデリック OA074207 室内用間接照明 建築化照明 白熱灯160W 定番人気,得価 ab-6429ac

時間:2010-12-5 17:23:32  作者:   ソース:  表示:  コメント:0
内容の概要:オーデリック OA074207 室内用間接照明 建築化照明 白熱灯160W 定番人気,得価 ab-6429ac - ODELIC(オーデリック)の室内用間接照明。ODELIC(オーデリック)の室内用間接照明 キセノンボーランプです。天井や壁などの建築構造体や造作物の一部に照明器具を組み込み、建築と照明を一体化させて行う建築化照明。建築デザインを活かし、空間と一体化させたオリジナルの間接照明が実現できます。発光部をフロストガラス管で覆うことで、輝度を迎えた柔らかい光が得られます。コンパクトで狭いスペースにも対応。サイズ巾24×長1198×高47mm重量0.6kg素材・材質プラスチック(アイボリー色)仕様消費電力

ODELIC(オーデリック)の室内用間接照明。
ODELIC(オーデリック)の室内用間接照明 キセノンボーランプです。天井や壁などの建築構造体や造作物の一部に照明器具を組み込み、建築と照明を一体化させて行う建築化照明。建築デザインを活かし、空間と一体化させたオリジナルの間接照明が実現できます。発光部をフロストガラス管で覆うことで、輝度を迎えた柔らかい光が得られます。コンパクトで狭いスペースにも対応。

サイズ巾24×長1198×高47mm
重量0.6kg
素材・材質プラスチック(アイボリー色)
仕様消費電力:160W
光源:両口金 キセノンボーランプ 160W No.125C
連結可能台数:6台まで
標準セットランプ:LD160w40BF (1個・ランプNo.125C)

製造国日本

ODELIC(オーデリック)の室内用間接照明。



●寿命が20000時間と長いので、省メンテナンスを実現します。白熱灯用調光器で簡単に調光できます。
●ダウントランス不要なので、省施工を実現します。










ODELIC(オーデリック)の室内用間接照明 キセノンボーランプです。天井や壁などの建築構造体や造作物の一部に照明器具を組み込み、建築と照明を一体化させて行う建築化照明。建築デザインを活かし、空間と一体化させたオリジナルの間接照明が実現できます。発光部をフロストガラス管で覆うことで、輝度を迎えた柔らかい光が得られます。コンパクトで狭いスペースにも対応。

オーデリック OA074207 室内用間接照明 建築化照明 白熱灯160W 定番人気,得価 ab-6429ac, ライト・照明

「ふむ?」アーチャーは目を眇め、ウェイバーの総身をくまなく見渡して、そこでようやく、その身体のどこにからも令呪の気配が伝わってこないことに気付いた。「──そうか。だが小僧、お前が真に忠臣であるならば、亡き王の仇を討つ義務があるはずだが?」二度目の問いにも、不思議なほど静かな心で、ウェイバーは再び回答できた。「……オマエに挑めば、ボクは死ぬ」「当然だな」「それはできない。ボクは『生きろ』と命じられた」そう──死ねないのだ。王に託された最後
86112

オーデリック OA074207 室内用間接照明 建築化照明 白熱灯160W 定番人気,得価 ab-6429ac

オーデリック OA074207 室内用間接照明 建築化照明 白熱灯160W 定番人気,得価 ab-6429ac, ライト・照明

の言葉を、胸に刻んだ今となっては。ウェイバーはどうあっても、この窮地を逃れなければならなかった。敵のサーヴァントを前にして、身を守る術とてなく、もはや万事休すの絶望的状況にありながら──それでも決して、諦めることだけはできなかった。そんな風に、あの誓いを蔑ろにすることだけは。それは、或いは死を受け入れて観念するより、はるかに残酷な責め苦であっただろう。逃れようもない死を前にして、為す術もなく震えながら、ただ眼差しだけで不屈を訴える少年。
その小さすぎる背丈を、ギルガメッシュはしばし無言で見下ろした後、小さく一度だけ頷いた。「忠道、大儀である。|努《ゆめ》その在り方を損なうな」マスターでもなく、逆徒でもない雑種とあっては、手にかけるだけの理由はない。それが王である彼の決定だった。|踵《きびす》を返し、悠然と歩み去っていく黄金の英霊を、ウェイバーは言葉もなく見送った。やがてその姿が視野から失せ、河を吹き渡る冷たい風が、ずっと張り詰めていた戦場の空気を余さず吹き散らしていった

オーデリック OA074207 室内用間接照明 建築化照明 白熱灯160W 定番人気,得価 ab-6429ac, ライト・照明

後、少年はただ独り、夜の中に取り残された自分に気付いて、そこでようやく、すべてが終わったことを理解した。生き|存《ながら》えたことの奇跡に、あらためて膝が震える。あのアーチャーは心変わりする直前まで、確かにウェイバーを殺す気でいた。呼吸も同然に放つ殺意で、無言のうちにそう宣告していた。もしウェイバーが目を逸らすか、腰を抜かすか、返事に声を詰まらせていたなら、事実そうなっていたことだろう。ただの命乞いと嗤うなら、それは英雄王の|呵責《かし
ゃく》なさを知らぬだけのこと。恐怖に抗い、まだ命があるというだけで、それはひとつの闘争、ひとつの勝利だった。ウェイバーベルベットがたった一人で、初めて挑み、勝ち取ったものだった。無様でちっぽけな戦いだった。|雄々《おお》しさとも華々しさとも程遠い。誰を屈服させたわけでも、何を奪い取ったわけでもない。生きて窮地を免れたという、ただそれだけのことでしかない。だがそれでもウェイバーには嬉しかった。誇らしかった。あのとき、あの状況下で、有り得な
copyright © 2016 powered by ダブルス   sitemap