セール,品質保証 オーデリック OP093133L ペンダントライト 蛍光灯25W 電球色 ab-5980af

ペンダントライト

セール,品質保証 オーデリック OP093133L ペンダントライト 蛍光灯25W 電球色 ab-5980af

時間:2010-12-5 17:23:32  作者:   ソース:  表示:  コメント:0
内容の概要:セール,品質保証 オーデリック OP093133L ペンダントライト 蛍光灯25W 電球色 ab-5980af - ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。付属の傾斜天井対応パーツを使えば、工事不要で傾斜取付ができます。傾斜50度まで対応。電球形蛍光灯EFG 25W。サイズ径540×高312mm、全高500~1812mm重量4kg素材・材質鋼(銅古味仕上)仕様電球形蛍光灯EFG 25W消費電力:20W取付方法:引掛シーリング標準セットランプ:EFG25EL/20-ZJ (1個・ランプNo.62E)付属品傾斜天井対応パーツ製造国日本ODELIC(オーデ

ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。
ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。付属の傾斜天井対応パーツを使えば、工事不要で傾斜取付ができます。傾斜50度まで対応。電球形蛍光灯EFG 25W。

サイズ径540×高312mm、全高500~1812mm
重量4kg
素材・材質鋼(銅古味仕上)
仕様電球形蛍光灯EFG 25W
消費電力:20W
取付方法:引掛シーリング
標準セットランプ:EFG25EL/20-ZJ (1個・ランプNo.62E)

付属品傾斜天井対応パーツ
製造国日本

ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。







ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。付属の傾斜天井対応パーツを使えば、工事不要で傾斜取付ができます。傾斜50度まで対応。電球形蛍光灯EFG 25W。

セール,品質保証 オーデリック OP093133L ペンダントライト 蛍光灯25W 電球色 ab-5980af, ペンダントライト

判定したとき、その奇異な結果に途方に暮れつつも、赤子の命名を『切嗣』とした。大別は『火』と『土』の二重属性。詳細は『切断』と『結合』の複合属性。それが彼の持って生まれた魂の形、即ち〝起源の相である。切って、嗣ぐ──〝破壊と再生と呼ぶにはいささかニュアンスが違う。なぜなら切嗣の起源は〝修復を意味しない。たとえば一旦断ち切られてから結び合わされた糸は結び目の部分だけ太さが変わる。つまり〝切って嗣ぐという行為は、対象に不可逆の〝変質をもたらす
88974

セール,品質保証 オーデリック OP093133L ペンダントライト 蛍光灯25W 電球色 ab-5980af

セール,品質保証 オーデリック OP093133L ペンダントライト 蛍光灯25W 電球色 ab-5980af, ペンダントライト

。手先の作業を要求されると、切嗣は殊更に自分の起源を意識させられる。彼の手はとりあえず器用と言って差し支えない。単純な道具であれば壊れてもたちどころに修理できる。だがこれが精密機械となると、途端に事情は逆になる。彼が修理しようと細工すればするほどに、その機械はより致命的に壊れていくのである。有り体に言うならば、切嗣の指先は手早くはあるが|杜撰《ずさん》なのだ。ただのワイヤーであれば、切れた部分を結ぶだけでもとの機能を取り戻す。が、同じ要
領で微細な電子回路を修理しようとすれば結果は致命的にもなろう。ただ繋げばいいというものではない。結線が|出鱈目《でたらめ》になればそれだけで回路は機能を失う。それは切嗣の性格や気質のみによるものではなく、魔術の観点から言うならば、魂の深部に根ざした本質なのだ。己の礼装を作製するにあたり、衛宮切嗣は持ち前の特異極まる〝起源を最大限に活用した。彼の脇腹の第一二|肋骨《ろっこつ》は左右ともに切除済みである。|摘出《てきしゅつ》された骨は粉状に

セール,品質保証 オーデリック OP093133L ペンダントライト 蛍光灯25W 電球色 ab-5980af, ペンダントライト

|播《す》り|潰《つぶ》してから霊的工程で凝縮され、六六発の銃弾に芯材として封入された。この弾丸で〝撃たれた〝対象には、切嗣の〝起源が具現化する。たとえば生物の身体に命中すれば、そこには傷口も開かず出血もなく、ただ被弾した部位のみが|壊死《えし》した古傷のようになる。表層的には癒着しているように見えて、だが神経や毛細血管は元通りの再生をせず、もとの機能を失うからだ。そして概念武装としての側面も持つこの弾丸は、魔術師にとってはより深刻な脅
威となる。六六発の弾丸のうち、すでに切嗣は三七発を消費している。だがそこにはただの一発の浪費もない。彼の身を削った弾丸は、すべて|過《あやま》たず三七人の魔術師を完全破壊してきたのだ。そしていま三八発目の『起源弾』が、また一人、新たな犠牲者の命脈を断つ。己の身に一体何が起こったのか、最後までケイネスは理解できなかったに違いない。激痛が総身を走り抜けたその瞬間に、すでに心肺器と神経網はズタズタに引き裂かれていたからだ。彼の喉は絶叫を放つよ
copyright © 2016 powered by ダブルス   sitemap