最新作,大人気 オーデリック ペンダントライト Gonfler ゴンフレ 白熱灯60W OP034259 クリア ab-5607af

ペンダントライト

最新作,大人気 オーデリック ペンダントライト Gonfler ゴンフレ 白熱灯60W OP034259 クリア ab-5607af

時間:2010-12-5 17:23:32  作者:   ソース:  表示:  コメント:0
内容の概要:最新作,大人気 オーデリック ペンダントライト Gonfler ゴンフレ 白熱灯60W OP034259 クリア ab-5607af - ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。ヨーロッパで受け継がれてきた拭き込みガラス製法。ハンフドクラフトの温もり感あふれるあかりです。とろりとした質感の煌めきとあかり感が、空間をエキゾチックに彩ります。クリアミニクリプトン球 60W(110V用)。サイズ径155×高505mm、全高690~2090mm重量1.5kg素材・材質鋼(黒色仕上)、ガラス(泡入)仕様クリアミニクリプトン球 60W(110V用)消費電力:46W取付方法:引掛シーリ

ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。
ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。ヨーロッパで受け継がれてきた拭き込みガラス製法。ハンフドクラフトの温もり感あふれるあかりです。とろりとした質感の煌めきとあかり感が、空間をエキゾチックに彩ります。クリアミニクリプトン球 60W(110V用)。

サイズ径155×高505mm、全高690~2090mm
重量1.5kg
素材・材質鋼(黒色仕上)、ガラス(泡入)
仕様クリアミニクリプトン球 60W(110V用)
消費電力:46W
取付方法:引掛シーリング
標準セットランプ:KR110V 54W C (1個・ランプNo.37A)

付属品傾斜天井対応パーツ
製造国日本

ODELIC(オーデリック)のペンダントライト。










ODELIC(オーデリック)のペンダントライトです。ヨーロッパで受け継がれてきた拭き込みガラス製法。ハンフドクラフトの温もり感あふれるあかりです。とろりとした質感の煌めきとあかり感が、空間をエキゾチックに彩ります。クリアミニクリプトン球 60W(110V用)。

最新作,大人気 オーデリック ペンダントライト Gonfler ゴンフレ 白熱灯60W OP034259 クリア ab-5607af, ペンダントライト

ぬ痛みの残滓であろうか。「やはり、易々と勝ちを獲らせてはくれんか……」そう呟きつつもランサーは落胆した風もなく、むしろ興じるかのように声を弾ませる。この男、強敵と競い合うことが心底に悦びであるらしい。歯噛みしながらもセイバーは、冷静に、脳裏でパズルのピースを組み合わせるようにして、信じがたい一連の事態を、意味を成す形に並べ替えていく。ランサーの槍は鎧が防ぐはずだった。にも拘わらず、槍の切っ先はセイバーの血に濡れた。そして――いまセイバー
89169

最新作,大人気 オーデリック ペンダントライト Gonfler ゴンフレ 白熱灯60W OP034259 クリア ab-5607af

最新作,大人気 オーデリック ペンダントライト Gonfler ゴンフレ 白熱灯60W OP034259 クリア ab-5607af, ペンダントライト

の鎧には、依然として傷ひとつない。そこから成り立つ推測があるとすれば、槍が触れたその刹那だけ、セイバーの鎧が消え失せて刃を素通りさせた、という現象だ。霊体化を果たせないセイバーではあったが、戦支度である甲冑は任意に実体化させ、また消滅させることが可能である。つまりセイバーの鎧とは魔力で編まれたものであり、アイリスフィールが買い揃えた着衣のように現の実体があるものではない。さらに加えて、やはり不可解だった風王結界の亀裂……ランサーの槍と噛
み合ったその刹那にのみ、風を編む結界に綻びが生じた。「……そうか。その槍の秘密が見えてきたぞ、ランサー」セイバーは低い声で呟いた。相見えた難敵の手強さを、あらためて噛みしめながら。あの赤い槍は、魔力を断つのだ。とはいえ魔術の効果を根元から破棄したり解除するほど強烈なものではない。今もセイバーの鎧は健在だし、風王結界も問題なく機能している。槍の効果は刃の触れた一瞬のみ。その刹那だけ魔力の流れを遮断し、無力化するのであろう。なるほど宝具とし

最新作,大人気 オーデリック ペンダントライト Gonfler ゴンフレ 白熱灯60W OP034259 クリア ab-5607af, ペンダントライト

て格別の破壊力を誇るものではないが、それでも充分に脅威となる能力だった。サーヴァントの武装の優劣は、それが帯びた魔力や魔術的な効能によって決すると言っても過言ではない。だがこのランサーを前にしては、強力な武装を誇るサーヴァントほど、その優位を覆されてしまう。「その甲冑の守りを頼みにしていたのなら、諦めるのだなセイバー。俺の槍の前では丸裸も同然だ」揶揄するかのようなランサーの言葉に、セイバーは鼻を鳴らした。「たかだか鎧を剥いだぐらいで、得
意になってもらっては困る」ランサーの槍の脅威を認識してなお、セイバーは畏怖の心を持ち合わせなかった。まだ形勢はどちらに傾いたわけでもない。セイバーの全身を覆っていた銀色の甲冑が、そのとき飛沫の如く四方に飛散した。驚きに息を呑むアイリスフィール。目を眇めるランサー。胸甲、腕甲、スカート状の長い草摺から足甲に到るまで、ただのひとつも残さなかった。セイバーは自ら、甲冑を除装したのである。澄んだ金属の音色とともに撒き散らされた甲冑の断片は、セイ
copyright © 2016 powered by ダブルス   sitemap