アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ホワイト BSL-10L 100%新品,最新作 ab-4487am

センサーライト,その他

アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ホワイト BSL-10L 100%新品,最新作 ab-4487am

時間:2010-12-5 17:23:32  作者:   ソース:  表示:  コメント:0
内容の概要:アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ホワイト BSL-10L 100%新品,最新作 ab-4487am - 人の動きを検地して自動的に点灯するLEDセンサーライト。暗いところでも目にやさしく「ふわっ」と点灯・消灯します。乾電池式で配線が不要なので、どこでも簡単に設置できます。屋内の下駄箱の上や寝室、納戸、クローゼット、階段などに最適です。夜間外出先から帰った時の玄関や、就寝中にトイレに行くときの廊下などにも最適です。サイズ91×91×158mm個装サイズ:10×10×168cm重量220g個装重量:337g素材・材質ABS樹脂、アクリル樹脂仕様センサー検知エリア:水平方向50度、垂直法王20度センサー

人の動きを検地して自動的に点灯するLEDセンサーライト。
暗いところでも目にやさしく「ふわっ」と点灯・消灯します。乾電池式で配線が不要なので、どこでも簡単に設置できます。屋内の下駄箱の上や寝室、納戸、クローゼット、階段などに最適です。夜間外出先から帰った時の玄関や、就寝中にトイレに行くときの廊下などにも最適です。

サイズ91×91×158mm
個装サイズ:10×10×168cm
重量220g
個装重量:337g
素材・材質ABS樹脂、アクリル樹脂
仕様センサー検知エリア:水平方向50度、垂直法王20度
センサー検知距離:約5m
光源:LED/1.0W(電球色)
電源:単2形アルカリ乾電池4個(別売)
検知方式:赤外線受動式
明暗センサー:フォトセンサー
電池寿命:1日10回点灯で約15ヶ月
設置場所:屋内/屋外(冠水しない場所)

付属品取扱説明書、保証書(1年)
製造国中国

人の動きを検地して自動的に点灯するLEDセンサーライト。



暗いところでも目にやさしく「ふわっ」と点灯・消灯します。乾電池式で配線が不要なので、どこでも簡単に設置できます。屋内の下駄箱の上や寝室、納戸、クローゼット、階段などに最適です。夜間外出先から帰った時の玄関や、就寝中にトイレに行くときの廊下などにも最適です。

アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ホワイト BSL-10L 100%新品,最新作 ab-4487am, センサーライト,その他

宙に浮き上がらせた。そこヘセイバー目掛けて殺到した弾丸の雨が、トラックの車体を紙細工のように揉み潰す。切り刻まれ、破片を撒き散らす車両の陰に隠れつつ、さらにセイバーは裏返ったシャーシに肩から体当たりして、そのまま今度はバーサーカーめがけて突進した、立て続けにマシンガンの銃弾を叩き込み、トラックの車体を容赦なく鉄屑へと粉砕していくバーサーカー。いかついトラックのフレームはもはや数瞬のうちに四散する運命にあったが、それでもセイバーにしてみれ
84414

アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ホワイト BSL-10L 100%新品,最新作 ab-4487am

アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ホワイト BSL-10L 100%新品,最新作 ab-4487am, センサーライト,その他

ば、剣の間合いに距離を詰めるまで〝即製の盾の役を果たしてくれれば事足りる。「うおおおおッ!」車体を貫通した弾丸が頬を肩口を掠め飛ぶ。火花を散らして燃料タンクを挟った一発が、中のガソリンに引火し、もはや原型を留めぬほどに崩壊した車体を炎上させる。だがそれでもセイバーの突進は止まらない。ついに敵との距離が一〇メートルを切ったところで、ここぞとばかりセイバーはトラックの残骸をバーサーカーめがけて突き飛ばした。燃えさかる鉄屑が|鞠《まリ》のよう
に転がりながら迫り来るのに対し、黒騎士は避けることもなく、拳の一撃で粉砕せんと片腕を振り上げる。──まさにその隙こそをセイバーは狙っていた。「はあッ!!」|裂吊《れっぱく》の気合いとともに、彼女は電光石火の踏み込みで、先に投じた燃えるトラックの車体へと再度肉薄、そのままの勢いで繰り出された|渾身《こんしん》の突きは、目眩ましの役を果たしていた炎の鉄塊を貫通し、反対側のバーサーカーにまで切っ先を届かせた。|遮蔽物《しやへいぶつ》の陰のセイ

アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ホワイト BSL-10L 100%新品,最新作 ab-4487am, センサーライト,その他

バーの動きを完全に見過ごしていたバーサーカーには、これを避ける術がない。三度目の対戦に及んで、ついに一撃。セイバーの剣先が直撃の手応えを得る。だが──〝──浅いッ!?盾に|阻《はば》まれて標的を視認できなかったのはセイバーの側も同じである。勘を頼りの刺突は辛くも命中打となったものの、さすがに必殺に至るほどの幸運まではなかった。風王結界の切っ先はたしかに黒い兜の|眉間《みけん》を捉えたが、その内側の|頭蓋《ずがい》を砕き割るには至らなかっ
た。表から銃弾雨、裏から剣の串刺しを受けた|元《》トラックの車体が、今度こそ真っ二つに崩壊する。バーサーカーの被害は致命傷でこそないが、顔面にしたたかな刺突をくらった直後とあって、よろめき|仰《の》け|反《ぞ》ったまま体勢を直せずにいる。追い打ちの一撃を浴びせるには充分すぎる隙だ。なおも勝機はセイバーにあった。まだ燃える車両の残骸を蹴散らしながら、セイバーはさらに大きく踏み込んで剣を大上段に振りかぶる。今度こそ逃しはしない。無防備なバー
copyright © 2016 powered by ダブルス   sitemap