カネテック マグネット電気スタンド屋外 ME-5RA-LED マグネット用品 マグネット電気スタンド t4-4522273

LED電球・蛍光灯型,その他

カネテック マグネット電気スタンド屋外 ME-5RA-LED マグネット用品 マグネット電気スタンド t4-4522273

時間:2010-12-5 17:23:32  作者:   ソース:  表示:  コメント:0
内容の概要:カネテック マグネット電気スタンド屋外 ME-5RA-LED マグネット用品 マグネット電気スタンド t4-4522273 - 【メーカー型番】ME-5RA-LED【JANコード】4544554009431【ブランド】カネテック 【特徴】●屋外作業におけるエリア照明に最適なLEDタイプの電気スタンドです。●小形軽量ながら強力なマグネット吸着力により、水平面はもちろん傾斜面、垂直面へも簡単に裾付けることができます。●反射カバーは、どの方向に向けても水が溜らない360°排水構造です。●作業灯は、安全性に優れたアース不要の二重絶縁構造です。●反射カバーは、どの方向に向けても水が溜まらない360°排水構造です。●作業灯は、安全性


【メーカー型番】ME-5RA-LED
【JANコード】4544554009431
【ブランド】カネテック
【特徴】
●屋外作業におけるエリア照明に最適なLEDタイプの電気スタンドです。●小形軽量ながら強力なマグネット吸着力により、水平面はもちろん傾斜面、垂直面へも簡単に裾付けることができます。●反射カバーは、どの方向に向けても水が溜らない360°排水構造です。●作業灯は、安全性に優れたアース不要の二重絶縁構造です。●反射カバーは、どの方向に向けても水が溜まらない360°排水構造です。●作業灯は、安全性に優れたアース不要の二重絶縁構造です。●場所を選ばず裾付・取り外し・移動が容易に行えます。●吸着位置をそのままに、照明方向が自在に変えられます。●防護ガードにより、転落時でも破損の危険性が軽減されます。
【用途】
【仕様】
●吸着力(N):1000●マグネット幅×奥行×高さ(mm):50×66×44●電球:LED電球付属●質量(kg):2.6
●全高:262mm●電源:AC100V●電源コード長さ:5m●消費電力:17W●全光束:1400lm
【材質/仕上】
【セット内容/付属品】
【注意】
【原産国】日本
【送料について】
北海道、沖縄、離島は別途送料を頂きます。

カネテック マグネット電気スタンド屋外 ME-5RA-LED マグネット用品 マグネット電気スタンド t4-4522273, LED電球・蛍光灯型,その他

曇り一つないその刀身に、ぽたり、と涙の雫が落ちる。それは凛が綺礼の前で見せた、初めての涙だった。ついに待ち望んだ美酒の味わいを得て、綺礼の胸は喜びに震える。凛は知らない。いま彼女の涙を受け止めている刃が、かつて時臣その人の心臓から血を吸ったのだという真相を。彼女はこれより、あの短剣に愛する父の想い出を託しつつ、さぞや大切に所蔵することだろう。それが他でもない父を殺めた凶器だとは知りもせず。その悪辣なる皮肉。踏み躍られる心の|純朴《じゅん
82351

カネテック マグネット電気スタンド屋外 ME-5RA-LED マグネット用品 マグネット電気スタンド t4-4522273

カネテック マグネット電気スタンド屋外 ME-5RA-LED マグネット用品 マグネット電気スタンド t4-4522273, LED電球・蛍光灯型,その他

ぼく》。まさに言峰綺礼の魂を歓喜させる|醍醐味《だいごみ》だ。俯いたまま涙にむせぶ凛は、そんな彼女を見下ろして声もなく笑う神父の面持ちに気付きもせず、いつまでも運命の剣を握りしめていた。[#改ページ]──五年後月の綺麗な夜だった。衛宮切嗣は何をするでもなく、縁側で月を眺めている。冬だというのに、気温はそう低くはない。わずかに肌寒いだけで、月を|肴《さかな》にするにはいい夜だった。傍らには一人の少年がいる。彼もまた何をするでもなく、切嗣と
一緒に月見をしている。名前は|士郎《しろう》。かつて切嗣が全てを喪った炎の中で、唯一の救いをもたらした存在だった。あれからもう五年が経つ。当時まだ子供だった士郎も、近頃は随分と逞しくなった。火事で身寄りをなくした士郎を、切嗣は養子として引き取った。それからアイリスフィールの隠れ家として購入した土蔵のある廃屋を、どうにか暮らしていける程度に手直しし、二人でそこに住み着いた。なぜそんなことをしたのかは、彼自身にもはっきりしない。他に行く当て

カネテック マグネット電気スタンド屋外 ME-5RA-LED マグネット用品 マグネット電気スタンド t4-4522273, LED電球・蛍光灯型,その他

などなかったというのもあるが、それを言うならそもそも、もう生き続ける理由すらなかったのではなかったか。かつて衛宮切嗣という人間に備わっていた目的も、信念も、あの日の炎とともに燃え尽きた。焼け野原に取り残された男は、ただ単にまだ心臓が動いているというだけの、ただの残骸でしかなかった。実際、あのまま士郎を見出すこともなくその場を歩み去っていたならば、切嗣は本当の意味で死んでいただろう。だが彼は出会った。誰もが死に絶えた炎の中で、辛くも一命を
取り留めた子供と。その奇跡が、かつて衛宮切嗣と呼ばれた抜け殻の、新しい中身になった。今にして考えても、それは奇妙な生活だった。妻と娘を棄てた男が、とりあえずは父親の素振りを通し──両親を奪われた子供が、とりあえずは息子の素振りを通し──気がつけばそんな毎日の繰り返しが、変わらぬ日常となっていった。士郎はまだ四〇にも届かない切嗣を『爺さん』と呼んでいた。むべなるかな、とも思う。切嗣の内に残った活力と、明日より先の日々に託す想いの程は、事実
copyright © 2016 powered by ダブルス   sitemap