オーデリック 和風シーリングライト Muku ムク 蛍光灯114W OL211824L 電球色 ab-5432af

シーリングライト

オーデリック 和風シーリングライト Muku ムク 蛍光灯114W OL211824L 電球色 ab-5432af

時間:2010-12-5 17:23:32  作者:   ソース:  表示:  コメント:0
内容の概要:オーデリック 和風シーリングライト Muku ムク 蛍光灯114W OL211824L 電球色 ab-5432af - ODELIC(オーデリック)のシーリングライト。ODELIC(オーデリック)のシーリングライトです。スマートなスクエアフォルムのプレーンデザイン。緊張感のあるシンプルな美しさが、和洋を問わずコンテンポラリーな空間に似合います。長寿命丸形蛍光灯FHC(48W+38W+28W)。サイズ径□580×高98mm重量3.4kg素材・材質アクリル(模様入)仕様長寿命丸形蛍光灯FHC(48W+38W+28W)消費電力:92Wスイッチ:リモコン(別売)取付方法:クイックA標準セットランプ/OL211824L:F

ODELIC(オーデリック)のシーリングライト。
ODELIC(オーデリック)のシーリングライトです。スマートなスクエアフォルムのプレーンデザイン。緊張感のあるシンプルな美しさが、和洋を問わずコンテンポラリーな空間に似合います。長寿命丸形蛍光灯FHC(48W+38W+28W)。

サイズ径□580×高98mm
重量3.4kg
素材・材質アクリル(模様入)
仕様長寿命丸形蛍光灯FHC(48W+38W+28W)
消費電力:92W
スイッチ:リモコン(別売)
取付方法:クイックA
標準セットランプ/OL211824L:FHC34EL-PD (1個・ランプNo.284F)、OL211824N:FHC34EN-PD (1個・ランプNo.284E)

製造国日本

ODELIC(オーデリック)のシーリングライト。










ODELIC(オーデリック)のシーリングライトです。スマートなスクエアフォルムのプレーンデザイン。緊張感のあるシンプルな美しさが、和洋を問わずコンテンポラリーな空間に似合います。長寿命丸形蛍光灯FHC(48W+38W+28W)。

オーデリック 和風シーリングライト Muku ムク 蛍光灯114W OL211824L 電球色 ab-5432af, シーリングライト

聲える英雄王は、悠揚と挑戦者を見据えつつ、その財宝庫の貯蔵を解き放つ。二〇、四〇、八〇──|綺羅星《きらぼし》の如く輝きながら虚空に展開する宝具の群れ。その光が征服王に、かつて遙かに仰ぎ見た東方の星空を回想させる。「|AAAALaLaLaLaLaie《アァァァララララライッ》!!」胸震わす歓喜に吼えながら、愛馬と共に馳せる。傲然と喩りを上げて迫り来る星々の雨。間断なく容赦なく、衝撃が総身を躁躍する。だがそんな痛みなど、この疾走の|昂《ね
84634

オーデリック 和風シーリングライト Muku ムク 蛍光灯114W OL211824L 電球色 ab-5432af

オーデリック 和風シーリングライト Muku ムク 蛍光灯114W OL211824L 電球色 ab-5432af, シーリングライト

か》ぶりに比べれば、取るに足らない些事でしかない。〝最果てになど至りようもないと──そんな弱気に。駆られたこともあった。愚かな。何たる失態か。求め臨んだその〝果てが、いま彼の行く手に|屹立《きつりつ》する。数えきれぬほど幾多の丘を越え、幾多の河を渡った末に、ついに見出した到達点。ならば、越える。あの敵の上を踏み渡る。一歩、さらにもう一歩先。ただひたすらにそれを繰り返す。積み重ねればいずれ必ず、あの遙かに遠い姿にさえ、剣先は届くはずなのだ
。|囂々《ごうごう》と降り注ぐ星の群れ。ともすれば意識さえ遠退きそうなその猛威に、ついうっかり姿勢が|傾《かし》ぐ。気がつけば、いつの間にか自らの足で駆けていた。愛馬ブケファラスはどこまで至り、そしてどこで果てたのだろうか。最後まで果敢に役目を果たした|朋友《とも》を|弔《とむら》ってやりたいものの、なればこそ立ち止まれない。いま彼が前へと踏み出すこの一歩こそ、散っていった者たちへの弔いなのだから。黄金の宿敵が、さも知った風な呆れ顔で何

オーデリック 和風シーリングライト Muku ムク 蛍光灯114W OL211824L 電球色 ab-5432af, シーリングライト

か言っている。だが聞こえない。耳元を掠め過ぎる閃光の、その烈風の音さえ、もう耳に届かない。聞こえるのは、ただ──波の音。遥かなる最果ての、何もない海岸に打ち寄せる、この世の終わりの海の音。ああ、そうか。と、晴れやかな心地で理解する。なぜ今になるまで気付かなかったのか。──この胸の高鳴りこそが、|最果ての海《オケアノス》の潮騒だったのだと。「ははっ……あっはっはっはっはッ!」波打ち際を夢見て走る。蹴散らす波飛沫の感触が、爪先に心地良い。真
っ赤に足下を濡らすそれは、あるいは彼自身の腹から遜る流血だったのかもしれないが、だとしたらどうだというのか。いま彼は海を夢見ているのだ。これに勝る至福があるものか。待ち受ける英雄王は、もう、すぐにも目の前だ。あと一歩──さらにその次の踏み込みで、振りかざした剣は|彼奴《きゃつ》の脳天を断ち割るだろう。「はああァァァッ!!」天まで届けと高らかに勝ち岡を吼えながら、キュプリオトの剣を振り下ろす。勝利を確信した絶頂の瞬間。瞬きのうちに過ぎるは
copyright © 2016 powered by ダブルス   sitemap